ゲームプログラマー

ゲームを直接“形”にする、要の仕事

どんな仕事?

時には仕様書にない工夫も

 ゲームデザイナーやプランナーが決めたゲームの仕様に従ってC言語などのコンピュータ言語でプログラムを打ち込み、ゲームのシステムやキャラクターの動き、グラフィックや音楽といった要素を一つに組み立て、ゲームを実際に遊べる形にします。  基本的には仕様書の指示通りにプログラムを組む仕事ですが、時にはゲームを改善するアイデアを提案し、採用された修正プログラムを加えるなど、ゲームをより面白くするための努力が求められます。

つくには?

他人のプログラムからも学ぶべし

 一般的にはゲーム会社に正社員として入社し、働きます。そのためには最低限以上のプログラム知識・技術を専門学校などで学び、習得しておくと有利です。また、プログラミングはハードなスケジュールの中行われることが多いので、体力・精神力も重要です。
 ゲーム機のスペック上昇にともない、プログラムについて学ぶべきことは日々増加しています。他人の書いたプログラムなどにも興味を持ち、積極的に学ぶ姿勢が大切です。

関連学科

ゲームプログラマー学科/ゲームエンジニア学科/ゲームサイエンス学科 など

関連記事

ページトップへ