ペットシッター

愛情をもってペットをケア 副業としても魅力ある仕事

どんな仕事?

ペットブームで認知度も高まっている

 ベビーシッターが人間の子どもを世話するのに対して、ペットの世話をおこなうのがペットシッター。旅行やケガなどで、飼い主がペットの世話をできないとき、自宅に出向いて代わりにケアをします。ペットを預かる時間はだいたい1時間程度です。飼い主の留守を預かるわけですから、鍵の預り書やペットに関する報告書なども必要となります。ただ単に食事を与え水を替え、散歩を代行し、掃除をするだけでなく、それぞれのペットがおかれた生活空間をよく理解し、愛情をもって世話をし、気を配り、必要であれば飼い主にアドバイスができてこそのペットシッターです。

つくには?

動物の知識や資格があれば有利

 仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、動物好きであることと、飼育や動物看護に関する幅広い知識が必要です。(公社)日本愛玩動物協会が認定する愛玩動物飼養管理士や、日本ペットシッター協会認定の日本ペットシッター士の資格などがあると飼い主からの信頼が上がります。フランチャイズの事業主を募集しているところもあります。また、ペットホテルやペットショップが、登録制でペットシッターをおく場合がありますが、つねに仕事があるわけではありません。個人で始める場合は、その地域に需要があるかどうかよく調べ、最初は広報活動に力を入れることが必要となるでしょう。ペットシッターの仕事場は基本的に依頼主の自宅となるため、とくに看板をだしたり、店を構える必要はありません。ホームページからの依頼もあるので、ホームページを作成・管理できるぐらいのパソコンの知識は持っていた方がよいでしょう。

関連学科

動物飼養学科、ドッグトレーナー学科 など

関連記事

ページトップへ