客室乗務員

空港拡張で新たに増便する海外線

どんな仕事?

海外航空会社への就職

 客室乗務員は国内線や国際線の定期航空便に乗務し、機内で安全で快適な空の旅を楽しんでもらうためのサービスを行います。呼び方は航空会社によってさまざまですが、“キャビンアテンダント”“フライトアテンダント”などと呼ばれることが多いようです。その業務は、フライト前に、スタッフとの打ち合わせ、機内の設備や飲食物、セキュリティのチェックを行います。フライト中は、離着陸時の安全確認や酸素マスク・救命胴衣などの装着法のレクチャー、お茶や機内食、雑誌やブランケットの配付、気分が悪くなった乗客のお世話などさまざまな仕事があります。また時には、急病人の発生や故障による緊急着陸、ハイジャックなどの非常事態において、安全を確保し、危険回避のため乗客を誘導するといった重要な役割も果たします。
 以前からこの仕事は女性にとって憧れの職業のひとつであり、現在にいたっても変わらず高い人気を維持しています。日本ではまだ少ないですが、外国の航空会社の中では男性の客室乗務員も多数活躍しています。
 成田や羽田空港の拡張に伴い、新たに日本に就航する海外の航空会社が続々と増えています。海外のエアラインに就職できるチャンスも期待されますが、英語はもちろん、その会社の母国語、文化、習慣も学ぶ必要があるでしょう。

つくには?

TOEIC® L&R TEST600以上は必要

 日本の航空会社では、採用時には、将来性のある人材かどうかが重視されますが、国内線でも外国人利用客の数が増え続けていることから、コミュニケーションをとることができるレベルの英語力は必要でしょう。
 一方、外資系航空会社は、即戦力となる人材を求めています。身だしなみ、マナー、そして語学力、教養、サービス精神を身につけている必要があります。

関連学科

エアライン学科、エアラインサービス学科、英語学科、外国語学科 など

持っていると有利な資格

実用英語技能検定(日本英語検定協会)、観光英語検定試験(全国語学ビジネス観光教育協会)、TOEICR L&R TEST(国際ビジネスコミュニケーション協会)、日商ビジネス英語検定(日本商工会議所)、秘書検定(実務技能検定協会)、国際航空貨物取扱士(航空貨物運送協会)、実用フランス語技能検定試験(フランス語教育振興協会)、スペイン語技能検定(日本スペイン協会)など

関連記事

ページトップへ