ツアーコンダクター

旅行が大好きな人にピッタリの仕事です

どんな仕事?

旅行者に楽しい旅を提供

 旅行会社が主催する国内・海外への団体旅行(ツアー)に同行し、旅行会社が参加者に提示した旅程どおりに、そのツアーが遂行できるよう奔走します。主な仕事は、旅行のスケジュール管理や旅行先の情報収集、観光地やホテルなどでの案内、空港での送迎、入国および出国手続きの説明や手伝いなど。近年では、バスツアーなどでツアーコンダクターが自らガイドをすることもあり、仕事内容の幅が広がっています。旅行客がすべての行程で旅行を楽しく、安全に過ごせるようにお世話したり、管理したりして、そのツアーを最初から最後まで円滑に進行させるためには欠かせない存在です。

つくには?

就職?それともフリーになる?

 ツアーコンダクターになるには、大きく分けて2つの方法があります。ひとつ目は、ツアーコンダクター同行のパッケージツアーを企画・催行している旅行会社に就職すること。ツアーの企画や営業から集客、添乗まで同行するオールラウンドプレーヤーとして活躍できます。ふたつ目は、ツアーコンダクター派遣の専門会社に登録すること。いわゆるフリーランスの添乗員で、毎回、異なる旅行会社のツアーに添乗することができます。どちらが自分に合っているか、よく考えて選択しましょう。海外のツアーコンダクターになるには、海外サブ添乗員としての実務経験や日本旅行業協会の主催する旅程管理者向けの研修を修了することが必須です。

適性は?

臨機応変な対応が求められる

 お客様が楽しく旅行ができるよう、しっかり気配りや心配りができることがとても大切です。また旅先では病気やケガ、盗難などさまざまなトラブルも起こりうるため、どんな場合にも対応できる行動力と判断力、突然の気候の変化や交通の乱れにも即対応できる柔軟さ、そして、体力も必要とされます。海外旅行の場合は、当然語学力も求められます。

関連学科

観光学科、トラベル学科、トラベル観光学科、外国語学科 など

持っていると有利な資格

総合旅行業務取扱管理者(国家資格)、国内旅行業務取扱管理者(国家資格)、総合旅程管理主任者(公的資格)、国内旅程管理主任者(公的資格)、旅行地理検定(旅行地理検定協会)、実用英語技能検定(日本英語検定協会)、観光英語検定(全国語学ビジネス観光教育協会)、TOEICR L&R TEST(国際ビジネスコミュニケーション協会)、ビジネス英語検定(日本英語教育協会)など

関連記事

ページトップへ