鉄道車両製造・整備技能士

スムーズな運行を底から支える

どんな仕事?

小さなキズも見逃さない技術

主に鉄道会社で使用中の車両を整備するのが鉄道車両製造・整備技能士の仕事です。鉄道会社の整備工場で定期的に点検整備を行い、部品単位まで分解・検査し、不良部分は交換、故障個所は修理します。小さな部品の変形や細かな傷も見逃さないように、注意深く検査します。そして、整備が終わった車両を通常ダイヤの合間を縫って実際に走らせて、最終チェックを行います。

つくには?

大事な基礎技術を身につける

鉄道車両製造会社や鉄道会社では、金属の切断、溶接などの基本的な知識や技術を学んだ人が多く働いています。入社後一定期間、機械工学、材料工学といった学科と、アーク溶接などの実技の研修を受けた後、現場に配属されます。

関連学科

機械工学科 など

鉄道の仕事はこちら

関連記事

ページトップへ