鉄道の仕事

鉄道の主な職業

つくにはチャート1

世界に誇る開発技術とおもてなしの心
日常の足から特別な旅まで 生活に欠かせない交通を支える

コロナの影響は東西でくっきり 求められる鉄道の新サービス

分野について

 新型コロナウイルスはさまざまな業界に多大な影響を及ぼしています。鉄道業界もその一つです。まず、政府の自粛要請により、旅行や出張など他県への移動が控えられたことが大きな要因です。訪日外国人観光客はほぼ皆無、期待されたGo toトラベル事業も中止となり特にJR東海、JR東日本は大きな減収となりました。
 そしてまたテレワークという新しいライフスタイルの提唱は通勤電車を走らせる都心部の大手私鉄に影響を与えています。それは定期券の販売の減少です。2020年度の私鉄各社の輸送人員が発表では各社ともコロナ禍で大幅に輸送人員は減らしており、定期客の前年度増減率1位は阪神電鉄のマイナス15.9%で、1位でもマイナス計上です。2位は南海電鉄、名古屋鉄道、西日本鉄道という順で7位までが名古屋より西の鉄道会社になっています。ここ数年増加率1位だった東京メトロは13位と後退してしまいました。
 今回の調査でくっきりと東日本と西日本は2極化しました。その一因として東京都心はテレワーク可能な業種や形態の企業が集まっており、普及が進んだものと考えられています。
 今後コロナの収束後に、以前と同じように客足が戻るのかは未知ですが、テレワークが進むと予測されており、鉄道業界も新たな時代における利用向上策が求められています。乗車中にパソコンが利用でき、仕事や勉強が可能な有料着席列車の拡充や傘やキックスケーターのシェアリングサービスなど新しいサービスの提供なども進められているそうです。

お役立ちDATA
初任給例16.6万円〜23.6万円
(厚生労働省「令和元年度 賃金構造基本統計調査」)
活躍の場□ステーションスタッフ □乗務員(車掌・運転士) □車両整備 etc.
関連資格●機械・プラント製図技能士(2級)●テクニカルイラストレーション技能士(2級)

関連記事

ページトップへ