アスレティックトレーナー

この仕事のインタビューを読む

関連記事を読む

アスリートを心身ともに支え信頼される専門家

どんな仕事?

選手の調子を万全に整える

 選手の体調を把握し、栄養やコンディションの管理、けがの予防、応急手当などをします。故障した選手へのリハビリトレーニングやけがの再発防止の指導、メンタル面のケアも行います。今や選手にとってなくてはならない存在です。古式術等を根幹とした独特の手技で自然治癒力を刺激してけがから患者を回復させる柔道整復師、自然治癒力を高める施術を行う、はり師・きゅう師を兼ねる人が多いようです。医学的知識や栄養知識を生かし、健康維持のアドバイスをする人もいます。

必要な資格は?

医療系は国家資格が必須
「アスレティックトレーナー」も多数の人が取得

 柔道整復師やはり師・きゅう師は国家試験に合格する必要があります。それぞれの養成校を卒業すると、受験資格が与えられます。基本的には学校での学習内容を身につけていれば合格できます。また、公認スポーツ指導者資格の中に「アスレティックトレーナー」という資格があります。取得方法はほかの公認スポーツ指導者と同様で、自分で受験しなければなりませんが、資格取得のサポート体制が整っている学校も多数あります。

関連学科

アスレティックトレーナーコース など

関連記事

ページトップへ