スポーツインストラクター

運動を教えるだけではなく楽しさも教える

どんな仕事?

スポーツをする人に技術指導を行う

 スポーツクラブの会員などに対して、スポーツを快適・安全に楽しめるよう、個人の身体能力や年齢等に合わせて技術指導を行うと共に、トレーニングのアドバイスをします。
 多くの人は、民間のスポーツクラブ、スイミングスクール、テニスクラブなどで仕事しています。公共スポーツ施設に勤務してスポーツ教室を担当したり、総合型地域スポーツクラブで指導者として活躍する人もいます。レジャースポーツや介護予防のためのスポーツを指導する人もいます。

つくには?

 スポーツ系の大学、短期大学、専門学校に入学すると、ほとんどの学校ではインストラクターに必要な内容を学ぶことができます。日本体育協会が承認している学校であれば「公認スポーツ指導者」資格を取るために必要な講習、試験の一部が免除されます。
 スポーツ指導法、フィットネス理論、各競技の技術などを修得し、卒業後は民間スポーツクラブや総合型地域スポーツクラブ、レジャー施設、老人福祉施設などに就職します。

持っていると有利な資格

公認スポーツ指導者、健康運動実践指導者 など

関連記事

ページトップへ