業界ニュース

AIの力で効率的にトレーニングができる、 ゴルフレッスンシステムが運用開始!

AIの力で効率的にトレーニングができる、 ゴルフレッスンシステムが運用開始!

IT・ソフトウェア・ネットワーク

株式会社カクセイは株式会社AIGと協業し、丸山茂樹プロ、及び米倉和良プロを中心としたAIGメソッド開発チームが開発したゴルフパフォーマンス向上理論「AIGメソッド」システムの運用を、室内ゴルフレッスンスタジオ「USTMamiyaフィッティングラボ東京」にて開始しました。このシステムは、富士通株式会社が保有するAIを応用した動作解析システムを使い、ゴルフスィングを数値化する新しいトレーニングメソッド。非接触の3Dセンシング技術によって、映像AIによる骨格認識技術によって動画解析を行い、個人に理想的なフォームを数値データの形で算出します。

  1. 「心」「技」「体」の概念、実は個人によって違う
  2. 人間工学的に最善のスィングを、AIが提案
  3. 職人的なコーチが、経験と感覚によって教える時代が過去のものに

体格や筋力、クセなどは各人各様。型にはめるのは本来難しいもの

従来、ゴルフスィングは「型」を重視するレッスンに重きを置いてきました。しかし、体格や筋力、動作のクセなどは人により様々であり、理想的なフォームは各個人によって違います。「型」の考え方は日本独特のものであり、きれいなフォーム=うまい人という概念だったのですが、実際は必ずしもそうではありません。そこでこのシステムを使うことにより、体格や筋力、動作などから各個人に最もフィットするフォームを作ることができます。

各個人にとってベストなスィングを、AIが提案

AIGメソッドは、「アドレス」「バックスィング」「トップ」「ハーフダウン」「インパクト」「ハーフフォロー」「フィニッシュ」の7つのフェイズを、マーカーレスモーションキャプチャーで記録。人工知能(AI)を用い動画解析を行い、各個人に理想的なフォームを数値データの形で算出します。回転軸を安定させ、正確に骨格を動かすことが理想的なゴルフスィングにつながりますが、AIGメソッドで課題を数値化することにより、再現性の高いトレーニングが可能となります。

AIによって誰もが指導でき、誰もが効率的にトレーニングできる時代へ

こうしたことにより、これまで職人的なコーチの感覚と経験によって行われてきたゴルフレッスンを、全て数値化したデータに沿ったトレーニングにすることが可能になります。コーチの教え方と合う、合わないは関係なく、効率のよいレッスンが気軽に行えるようになるのです。
教え方の上手い、下手という人間のコーチによる感覚的なものに代わり、AIがはじき出した数値に沿った、誰でも教えることが出来て、誰もが正確に再現できる…そんな効率のいいトレーニングが主流になりつつあるのです。

(参考:株式会社カクセイプレスリリース)

2020年3月24日更新

記事一覧

関連記事

ページトップへ