伝統文化と環境福祉の専門学校

宮大工は歴史をつなぐ“架け橋”だと思います。

(株)飛鳥工務店 勤務
汀 洋希さん
伝統建築学科 2013年3月卒業

※2017年5月取材時の情報です。

汀さんは、木造建築の本物の良さを人々に伝え、「誰もが感動するような作品を作り続けたい」という、熱い思いの職人が集まる工務店で、全国を活躍の場として精進されています。

伝統文化と環境福祉の専門学校

現在、取り組んでいるお仕事は?

臨済宗 普門山 三邑院(静岡県掛川市)の本堂新築工事に携わっています。

これまでに、どんなことを経験しましたか?

入社直後は、すべての仕事の基本として、お茶出しからスタートしました。入社から10ヶ月後、初めてかんながけを任せてもらいました。当社では異例の速さで仕事を任せてもらえたので、嬉しかったです。

特に印象に残っているお仕事は?

京都の東山で青蓮院 青龍殿の復元工事に関われたことです。

伝統文化と環境福祉の専門学校
※青龍殿復元工事の様子(2014年7月取材)

学校で学んで良かったこと、役立ったことは?

仲間と出会えたこともありますが、自然に囲まれた環境がよかったです。遊ぶ所もほとんどないので、宮大工になるための勉強に集中できました。(笑)あとは、大工道具の刃物の砥ぎ、手入れの仕方をしっかり学べたことが役立っています。

伝統文化と環境福祉の専門学校
※在学時の汀さん(2012年9月取材)

宮大工を目指す後輩たちにメッセージをお願いします。

墨付けや規矩術きくじゅつなど、宮大工として大切な基本はしっかりやっておくべきだと思います。また、挨拶や礼儀はどこでも大切です。目上の人との付き合い方をしっかり身に付けてください。

「宮大工」の仕事、その魅力とは?

昔から続いてきた技術を継承し、未来に伝承していく。例えるなら、「宮大工は歴史をつなぐ“架け橋”」だと思います。数百年前から存在する伝統建築。これからも続く歴史の一部に、自分の仕事を残せることが魅力です。

伝統文化と環境福祉の専門学校

伝統技術が途絶えないように後世に伝えていきたい。

(有)豊田彫刻工房 勤務
坂入 あずみさん
伝統建築学科 2018年3月卒業

※2019年3月取材時の情報です。

坂入さんは、「先人の築いた歴史を尊び、技と心を後世に伝える」を理念に掲げ、社寺仏閣彫刻を主としながら、木彫刻に限らず、コンクリート製の彫刻や、木と彫刻を活かした装飾ツール制作など、多様なお仕事を手掛ける彫刻工房で活躍されています。社員としては最若手ながら、彫刻だけだなく、装飾ツールの企画・制作など、意欲的に、様々な仕事に取り組んでいるそうです。

伝統文化と環境福祉の専門学校

現在、取り組んでいるお仕事は?

新築工事中のお寺の本堂の梁や、柱に彫刻を施しています。私の担当は、主に「荒彫り」などの下準備です。木だけでなく、コンクリートや合成樹脂で後付け部材を、(彫刻を施した)型を使って成型することもあります。

伝統文化と環境福祉の専門学校

これまで経験した中で、特に印象に残っているお仕事は?

入社1年目なので、あまり経験はありませんが、現在担当している「荒彫り」という行程です。実は今回、初めて任せていただいたので、とても嬉しいです。

学校で学んで良かったこと、役立ったことは?

大工道具の使い方です。厳密には、彫刻用の道具とは違うのですが、根本的な扱い方は同じなので、彫刻にも応用できます。また、学校で伝統建築を学んだので、自分が今どこの部材を彫っているか分かることです。どこの部材か分かるので、どのように彫ればいいかイメージできます。

伝統文化と環境福祉の専門学校
※在学時の坂入さん(2016年9月取材)

将来の夢や目標を教えてください。

一人で色々な行程・仕事ができるようになって、独り立ちすることです。技術が途絶えないように、技術を後世に伝えられるようになりたいです。

伝統文化と環境福祉の専門学校

『伝統文化と環境福祉の専門学校』

宮大工を目指す絶好の環境が佐渡にある!「本物でリアルに学ぶ」それがSADOの流儀!

伝統文化と環境福祉の専門学校

新潟県佐渡島には、神社267社、寺院281寺、日本に現存する3分の1にあたる30もの能舞台、多くの古民家等、歴史ある建築物や文化財が多数現存しています。島に残る豊富な歴史的建造物を、生きた教材として授業に取り入れ、本物の伝統建築物を実際に修理・再建する、全国でも真似のできない実習を行い、「徹底的な現場第一主義」で学ぶのが、伝統建築学科です。
千年以上にわたり、日本の歴史とともに、脈々と受け継がれてきた伝統的な木造建築技術。この高度な建築技術を継承し、日本の宝を守る。そして、後世に技術を伝承する人材を、絶好の環境で育成しています。

所在地
新潟県佐渡市千種丙202-1
TEL
0120-031-080
最寄駅
バス停「両津埠頭」より本線相川行き乗車20分
バス停「金井学校前」下車
徒歩0分(バス停すぐ前)
学部・学科・コース
・伝統建築学科(3年制)伝統建築コース
・伝統建築学科(4年制)伝統建築コース/京都造形芸術大学併修コース

ページトップへ