つくにはネット

なら食と農の魅力創造国際大学校

仕事の内容を教えてください

私はスペイン料理店で、今はサービススタッフとして接客業務をしています。接客の基本的な流れは、お客様からオーダーを取り、できあがった料理やドリンクを提供し、お帰りの際には会計やお見送りをします。他にも、予約業務や開店前の食材の下ごしらえ等もしています。お客様に食事を楽しんでいただくために笑顔での接客や、食事の進み具合や飲み物にも気を配りながら、次の料理を準備するタイミングを見て厨房に情報を伝えるなど「お客様と厨房の架け橋役」になれる様に心がけています。

なら食と農の魅力創造国際大学校

この職業を目指したきっかけを教えてください

私が飲食の仕事に就きたいと思ったのは小学生の頃です。割烹料理店を経営している親戚が年末に持ってくるおせち料理の味と美しさに感動したことがきっかけでした。調理で食材をおいしく、美しく変えることができる料理人の技術に憧れて、高校から料理系の学校に進学しました。学校では調理技術に加えてサービス接遇に関わる授業もありました。お客様を料理だけでなくサービスでも感動させられることを学んだことが今の業務に活きています。将来はこの店で料理も担当して、料理やサービスの両方でお客様を感動させられるよう頑張りたいです。

なら食と農の魅力創造国際大学校

学生時代に学んだことが今どのように活かされていますか?

なら食と農の魅力創造国際大学校では、オーベルジュ(宿泊施設を構えたレストラン)が併設されており、実際のお客様を相手に料理やサービスを提供する実習がありました。非常に緊張感のある実習でしたが、実習で学んだレストランでの立ち振る舞いなどの基本動作は今の職場でとても活きています。
また、お客様との接客会話でメニューや食材のことを説明する際に、学校で学んだ調理技術や理論、外国語(フランス語や英語)、食材の知識等がとても役に立っています。

なら食と農の魅力創造国際大学校

挫折した事や成功したことなど仕事でのエピソードを教えてください

お客様から「おすすめの料理やドリンクを教えて欲しい」と言わることがよくあります。お客様の想いは百人百様で「これだ!」という正解はありません。料理とドリンクとの相性や、お客様との会話の中で今何を求めているのかを考えながらの提供は緊張します。お客様の要望にうまく応えられて「とても美味しかった。ありがとう。」とお礼を言われると、とてもやりがいを感じます。

なら食と農の魅力創造国際大学校

今後の目標

地元で自分の店を持つことです。これは、学生時代からずっと考えていました。自分のお店で私が表現する料理やサービスでたくさんの人を喜ばせたいです。この目標を叶えるために、今の店で、調理、サービス、経営・マネジメントなどの技術や知識をより向上させたいと思います。
なら食と農の魅力創造国際大学校では、県内外の著名なシェフ等による特別授業がありました。将来は母校に講師として招かれるようなシェフになって、学校へ恩返しがしたいです。

なら食と農の魅力創造国際大学校

『なら食と農の魅力創造国際大学校』

なら食と農の魅力創造国際大学校

フードクリエイティブ学科では、1人1ストーブ(コンロ)方式で調理の全行程が身につく調理実習、併設のオーベルジュ(宿泊施設を構えたレストラン)での実践実習、調理に使用する農作物の知識を深める農場実習等の実学教育に重点をおき、飲食・サービス業界で活躍する人材を育成します。

所在地
■安倍校舎(フードクリエイティブ学科)
奈良県桜井市大字高家2217
■池之内校舎(アグリマネジメント学科)
奈良県桜井市大字池之内130-1
TEL
■フードクリエイティブ学科
0744-46-9700
■アグリマネジメント学科
0744-47-3430
最寄駅
・JR・近鉄「桜井」駅より約4km(スクールバス約15分、自転車約25分)
・近鉄「橿原神宮前」駅より約6km(スクールバス約25分)
学部・学科・コース
■フードクリエイティブ学科
■アグリマネジメント学科

ページトップへ